A Weirdo World of the Flower Kings

Weirdo

Andetag "Valv"('08)AndetagはKarmakanicの"Who's the Boss in the Factory"の"Two Blocks from the Edge"に参加していた女性ヴォーカル・グループ。Diana Nuñez、Lena Jungmark、Helen Melin、Inger Ohlén-Reingoldからなる。"Jiriba + Improvisationi"はマリのトラッド曲に即興を加えたもの、Allison Krauseの"Down in the River"とあるのはアメリカのトラッド"Down in the River to Pray"の事。"Nja Monde Kele Kila"がセネガルのトラッド曲、"Den Signade Dag"はスウェーデンのトラッド曲、"Kéné Foli / Improvisation Osynlight"と"M'Be Soma"がギニアのトラッド曲。最後にBobby McFerrinの"The 23rd Psalm + Improvisation"で締め括られている。これは詩篇23篇にメロディーを付けたもの。女性ヴォーカルをメインに、最小限のパーカッションがアフリカを中心としたトラッド曲に彩りを加えるというもの。美しいその歌声は聖歌のようにも聴こえる。レコーディング、ミックス、マスタリングはJonas ReingoldとDiana Nuñezが担当。
Fred Frith "Gravity" ('80)元Henry CowのFred Frith(b、g、violin、perc、ds)のソロ。1-6曲目まではLars Hollmer(p、organ、accordion)、Eino Haapala(g、mandolin)、Hasse Bruniusson(ds)といったZamla Mammas Mannaの面々の協力を得て制作。後半7-13曲目はThe MuffinsのDave Newhouse(sax、organ)、Paul Sears(ds)、Billy Swann(b)が参加。Marc Hollander(sax、clarinet)、Frank Wuyts(recorder、ds)といったAksak MaboulのメンバーやChris Cutler(ds)も全面的にバックアップと所謂Rock in Oppositionサークル大集合の赴きがある。ノイズ、モダンジャズ調、民族音楽をベースにしたZamla Mammas Mannaっぽい曲(は当然か…)、R&B有名曲("Dancing in the Street")の何か緩いカバー等、多彩ではある。それでも、サウンドは引き締まっており、緊張感がしっかりと根を下ろしているのは流石。




Small World of TFK

inserted by FC2 system